頭を触る男性

使用する髪による違い

カウンセリング

薄毛対策として多くの人が注目している治療法といえば、植毛が挙げられます。現在利用ができる植毛方法といえば、人工毛を使った治療法と、自分の髪の毛を使用する自家移植による植毛が挙げられます。人工毛と自家移植の方法にはそれぞれメリットがあるため、植毛を考える場合は、自分にあった移植法を選ぶとよいでしょう。人工毛のメリットといえば、すぐに植毛による効果を実感できるという点にあります。自家移植で髪を植える場合、一度にたくさんの毛を移植するとなると、採取する後頭部の髪まで薄くなるため、数回に分けて移植手術を行なわなければなりません。しかし人工毛の移植ならば、一度に必要な分の毛を移植できるため、手間も掛からずに済むのです。同窓会やお見合いなどに行く場合、髪が薄い状態であると笑いものにされることや、相手に幻滅される恐れもあるため問題となります。人工毛も植毛ならば、すぐに理想のヘアスタイルとなれるので、何らかのイベントがある際に便利に利用ができるでしょう。

人工毛の植毛に対し、自家移植による自毛植毛もまたさまざまなメリットがあります。最大の利点といえば、自分の髪の毛を移植することで毛が定着するというところでしょう。人工毛の植毛では、髪が定着することがないので、定期的にクリニックへ赴きメンテナンスを行なわなければなりません。しかし自毛植毛ならば、髪を作り出す毛包ごと移植ができるので、植毛を行なったあとも成長し続けてくれることでしょう。一度にかかる手術費用では、人工毛での移植の方が安く行なえますが、あとあとのメンテナンスの代金をトータルで考えると、自毛植毛の方が安い場合もあるため、植毛の方法はきちんと考えた上で選びましょう。